Magazine


 
チョイス7月号
湯原信光の譲れない手応え

ゴルフダイジェスト社 2010/5/28

kawana   心地いいアイアンの共通点。重心距離は全て “32ミリ” だった
誰よりもアイアンに思い入れを持つプロゴルファー。
子供の頃に覚えた打感を求め続け、ついにはスペックさえ統一させてしまった。本能の感覚を持つ打感の旅人に話しを聞いた。
本文をみる

 

 

   
プロゴルファー・湯原信光も!
週刊ポスト 2010/5/28

kawana   「つけて寝るだけコンタクト」で老眼が治る!?は本当か
(新)角膜矯正術「オサート」を徹底検証
本文をみる

 

 

   
私の好きな川奈
バリューゴルフプレミア 創刊号 2009/8/10

kawana   プロゴルファーとして世界中のゴルフ場をみてきた湯原信光。その彼にとっても、川奈は特別な存在だという。
湯原プロに子供時代から親しんできた川奈を案内してもらった。
本文をみる

 

 

   
書斎のゴルフ
気持ちのいいスイング 練習編

「ダイアプレス」 2007/11/18

書斎のゴルフ   椎間板ヘルニアなど多くのケガや病気でゴルフを辞めたいとまで考えた湯原プロが、新しい自分のゴルフを求めて苦闘しながらも希望を見出している姿勢に読者の方々から多くの反響があった。そこで今回は具体的にどのような練習を行っているのかを取材した。
本文をみる

 

 

   
書斎のゴルフ
気持ちのいいスイング

「ダイアプレス」 2007/8/18

書斎のゴルフ   30代後半から体の故障に泣かされ続け、遂に椎間板ヘルニアになって歩くこともままならなくなったときは、本気でゴルフを辞めようと思ったと言う。しかし湯原プロはゴルフを諦めなかった。自分だけがわかるゴルフの感覚を取り戻そうと新たな挑戦を行っている。希望に燃える新境地を聞く。
本文をみる

 

 

   
 

Copyright © 2007 Nobumitsu Yuhara Official site