ノブの愛称で人気の高い湯原信光プロも今年の8月で50歳となる。30代後半から体の 故障に泣かされ続け、遂に椎間板ヘルニアになって歩くこともままならなくなったときは、本気でゴルフを辞めようと思ったと言う。しかし湯原プロはゴルフを諦めなかった。自分だけがわかるゴルフの感覚を取り戻そうと新たな挑戦を行っている。希望に 燃える新境地を聞く。

文●本條強 写真●北川外志廣

 メリディアンホテルに現れた湯原信光には、華やかな明るさが体全体から発せられていた。褐色に焼けた肌、輝く表情。それは彼がプロになってすぐに、関東オープンとジュンクラシックに優勝したときのような若々しいものだった。
  「僕はね、僕の新しいゴルフを作ろうとしているから、毎日、充実しているのかもしれませんね」
 この夏に50歳となる男が、にこにこしながらいきなりそんなことを言うのである。
 正直、驚いてしまった。ここ数年、まったくと言っていいほど湯原はツアーで活躍していない。シード権も失い、昨年は出場できた試合が僅か8試合。すべて予選落ちで、獲得した賞金は0である。
 7歳からゴルフを始め、霞ヶ関・東コースで行われた日本ジュニアを、アマチュアのコースレコードである67を出して優勝。日大時代には日本アマも制覇している。日 本ゴルフ界のサラブレッドはプロ入りしてからも順調に勝ち星を重ね、その爽やかな 風貌は「若大将」のニックネームが本当に似合っていた。
 しかし'92年のヨネックスオープン優勝のあと、度重なるケガや故障で思うようなゴルフができなくなる。当然、勝ち星は遠く離れていく。
「手首や肘に痛みが走るぐらいはまだよかった。肩胛骨が動かなくなり、靱帯を切り、ついには椎間板ヘルニアになって歩くことさえできなくなりました」
 若大将から笑顔が完全に消えた。輝きも失われ、口から発せられる言葉は「ゴルフを辞める」。引退の2文字である。すでに同期の天才ゴルファー、羽川豊はクラブを捨てていた。
「椎間板ヘルニアのときは、丸2ヶ月間、ベッドに寝たっきり。腰に激痛が走るから、殺して欲しいとさえ思いました。75kgあった体重も60kgにまで減って、見舞いに来た友達が『あいつ、死ぬんじゃないか』と思ったらしいのです」
 憔悴しきった顔にはまるで生気というものがなかった。実際、湯原はこのとき一度死んだのかもしれない。退院してもゴルフのできる体ではもちろんない。医者からは「本当に治したいのであればゴルフを辞めることだ」とも宣告されたのである。湯原も思うに任せぬ体をもてあまし、その後も「ゴルフを辞める」を連発する。
 しかし実際の湯原はどうだったのか。口では「辞める」と言いながら、いつの間にかリハビリに精を出す自分がいる。怖々ではあってもクラブを振ってしまう自分がいる。腰を痛めないようにプレーする方法を模索する自分がいるのである。
「ゴルフをしたくない、試合にも出たくないと思っても、これまで支えてきてくださった人から出てくださいと言われれば出ないわけにはいかないでしょう。で、嫌々ながら出てみると、面白いことに、これまでには知る由もなかったことを実にいろいろと知るんです。もちろん体力や筋力が落ちているから40ヤードも50ヤードも飛距離が落ちている。腰が悪いから足が痺れて、どう振っているのかよくわからない。子供の頃から持っていた感覚がなくなってしまっているのでパニックにもなってしまいます。
 しかし、実際のショットの結果は悪くなかったり、優勝争いをしたりもする。不思議なことが起こってしまうのです」
 湯原が椎間板ヘルニアになったのは'99年春。しかし翌'00年にはツアーでのパーオン率は第1位。そしてその翌年も同じ部門で1位に輝いた。 「もともとアイアンが得意だったから、パーオン率は良かったと思います。ヘルニアをやる前の年も1位だったと思うしね。でもヘルニアをやる前と、なった後では同じ パーオンといってもまったく違う。なる前は狙ったところに突き刺さるといった感じでアイアンを打っていた。でもなったあとは狙ったところと違うところにオンしたり する。それもイメージと違う球で。だからとても気持ちが悪い。周りはヘルニアから生還して、何を文句言ってるわけって感じですよね。グリーンに乗っているんだからいいじゃないかと。でも僕にしてみたら、変だ変だ、気持ち悪いって。でも何でそうなるのかを考え出したら、逆にそれが面白くなってきたわけです。新たな自分探しというか、余白がいっぱいできちゃったというか。その余白を埋めることが生き甲斐のようになってきたわけですね」
 こうして湯原は'02年に10年振りの優勝を成し遂げてしまう。もちろん、腰痛は完治していない。痛みを誤魔化しながら、気持ち悪さのあるスイングとショットを抱えながら優勝してしまうのである。


1 2 3 4

書斎のゴルフ

1 2 3 4
書斎のゴルフ
気持ちのいいスイング 練習編

「ダイアプレス」 2007/11/18



  Copyright© 2007 Nobumitsu Yuhara Official site
 archives  Magazine