1 2 3 4 5
チョイス1月号 復活第1章
復活にかける執念

文=大羽賢二、写真=松岡誠一郎/南条善則
ゴルフダイジェスト 2003/1/1


復活。 言葉にするのは、いたって簡単なことだ。だが、それを可能にするためには、いったいいくつもの条件が必要なのだろうか。光すら見えない暗黒の中で、もがき苦しみながらも、それを跳ね除ける不屈の闘志、萎えることの許されないゴルフへの情熱。一人では耐えられない孤独の中で、周囲の暖かい応援も必要なら、ときに叱咤激励も必要であろう。それ以前に、運命ともいうべき人との出会いも見逃すことはできない。邂逅ともいえる人との出会いが、長い暗黒のトンネルに一筋の光明を与えてくれることがある。だが、出会いを可能にするのも、その人の人柄であったり、謙虚で素直な心根であったりしたら・・・・・・。

 復活というたった二文字を現実にする確率は、まったくもって天文学的数字にすら思えてくる。湯原信光の復活劇をつぶさに眺めていると、その思いはいっそう強くなる。
 9月1日、久光製薬KBCオーガスタで、実に10年ぶりの優勝を飾った湯原だが、その優勝を祝福するよりも以前に、その復活に強い驚きとともに、敬意にも似た感慨を抱かざるを得ない。
 「本当に復活したんだ」
 それが、素直な感想である。
 それにしても、日本を代表する稀代のショットメーカーと呼ばれながら、湯原のプロゴルファー人生は、病気や怪我との格闘であった。日大桜ヶ丘高時代は日本ジュニア連覇、日大に進み日本アマを獲得。倉本昌弘、羽川豊とともに「三羽烏」と注目を浴びて80年にプロ入りした湯原は、デビュー年となる81年には関東オープン、ジュンクラシックで2勝をマーク。83年にはフジサンケイクラシックも制し、着々と勝ち星を重ねていくかに見えた。
 だが88年、肝炎に見舞われたことを皮切りに93年には左ヒザ靱帯断裂、さらにそれをかばううちに今度は背中が悪化。さらに96年には左ヒジ・・・・・・。この間、尿管結石で緊急入院したこともある。
 とりわけ93年、シーズン前に断裂した左ヒザ靱帯の記憶は、皇太子ご成婚の祝賀ムードで日本列島全体を包んだ熱気とは対象的に、ひとり苛まれる孤独感とともに、今も湯原の脳裏には鮮明に残っている。
 その前年の92年、札幌とうきゅうとヨネックスオープン広島に勝ち、デビューした81年以来の年間2勝をマーク、復活に狼煙をあげた湯原にとってはなおさらだった。
 「このまま終わってしまうのか?」

という不安が、ゴルフ人生で初めて現実のものとして襲ったきた。3ヵ月ギプスで固定したために、筋力も落ち、やせ細った左足は、不安を助長するには十分だった。 それでも93、94年シーズンと、ぎりぎりの50位代ながら、シード権を守ったのは日本を代表するショットメーカーのなせる業でもあったのだろう。だが、 「イマイチ、自分のイメージしているボールが打てない。なんとかごまかしてゴルフをやっていたのだが、その苛立ちの方がボクには大きかった」

002
トイレに行くこともできなかった 自分を支えてくれた家族と、 ゴルフができることに感謝している。 いま、病気やケガは 神様が与えてくれた試練だったと思う
1 2 3 4 5
 

Copyright © 2007 Nobumitsu Yuhara Official site