1 2 3
「脳を鍛える筋トレ」 PNFとはなにか
市川繁之 鈴木克憲 織田淳太郎
光文社新書 2006/10/20

*リハビリテクニックのスポーツへの応用

 市川繁之。理学療法士の彼は『国際PNF協会』が認定するアジア唯一のPNFインストラクターである。
 PNF( proprioceptive neuromuscular facilitation )すなわち「固有受容性神経筋促通法」である。
 詳細は第二章に譲るが、PNFとは人体に存在する感覚受容器を刺激することで、神経や筋肉(神経筋)の働きを高め、身体機能を向上させるリハビリ技術である。
 感覚受容器には、脳からの指令を受け、自分の担当する筋肉箇所を動かすという媒体的な機能がある。つまり、最初に「脳ありき」で、別の表現をすれば、PNFとは、その感覚受容器に抵抗、圧縮などの負荷をかけることによって、そこに生まれた力学的情報を脳へと送信し、情報そのものを脳に学習させるという、いわば逆説的な筋肉強化の手法とも言えるだろう。
そして、ここで市川が持つもう一つの特筆すべき“顔”に触れなければならない。 国際PNF協会において、彼がPNFをスポーツのパフォーマンス向上に応用する唯一の理学療法士だということである。

中略

*斉藤仁選手へのPNF

 市川はその昔、電電関東(現NTT東日本)の野球部で捕手を務めていた。その後、東京衛生学園リハビリテーション科に入学し、昭和58(1983)年、同学園を卒業。同時に理学療法士の国家資格を取得した。
 同60(1985)年には米カリフォルニア州バレーホにある『KFRC(カイザー・ファウンデーション・リハビリテーション・センター)』に留学。PNFの六カ月コースを修了し、その後、ヨーロッパに本部を置く国際PNF協会が認定するインストラクターを目指した。
 同61(1986)年、東京・西葛西にある森山脳神経外科病院のリハビリテーション部のトップとなる。ここから市川の日本におけるPNFの普及が本格的に始まることになる。

中略

 現在、世界には約70人の国際PNF協会認定インストラクターが存在するが、当時にあってPNFをスポーツの故障の治療とそのパフォーマンス向上のために応用する者は皆無だった。ちなみに、PNFをスポーツに利用する国際PNF協会のインストラクターは、いまも市川しかいない。
 市川が補足する。
 「PNFのスポーツへの応用は、アメリカでもまったくと言っていいほど普及していません。なぜなら、元々PNFは麻痺などに対する運動療法の技法で、いまでも障害者のリハビリテーションに用いられているからです。
 KFRCに研修にくるPT(理学療法士)は、ほとんどが傷害者のための治療法の習得が目的で、その大半がリハビリの世界に帰っていく。スポーツ界から障害者のリハビリの勉強のためにくる者はいません。
 また、アメリカでは、スポーツ界で正当なPNFを学んでいる者も、ほとんどいないのが現状です。仮にPNFを使うPTがアメリカのスポーツ界にいるとしたら、おそらく学生時代にほんの数時間程度習った程度の知識で行っているはずです。
 そういう意味で、アメリカでPNFのスポーツ応用が皆無に近いのは間違いありません。 実際、のちに私はメジャー入りした野茂(英雄)君にPNFを施していますが、その効果の現れ方にKFRCのスタッフも驚いていました。
 ただ、柔道の斉藤君に関しては、私もスポーツへの応用が初めてだったので、さすがに不安がありましたね」
 同年、斉藤は日大駿河台病院で右膝半月板の手術を受けた。「それまで、私の専門といえば、脳卒中のリハビリだった」という市川が、斉藤に対するPNFを開始したのは、その手術の三日後のことである。

第一章より抜粋
1 2 3
 

Copyright © 2007 Nobumitsu Yuhara Official site